英検準1級の合格法

私がどうやって英検準一級を取得したかお伝えしようと思います。

まず、私は子どもの頃から勉強が大の苦手で大人になるまで勉強から逃げた人生を歩んできました。

そんな私が一念発起して英語の勉強をしようと決心したのが26歳の時。英語ができれば今より収入の高い仕事につけるのでは無いかという気持ちから始めました。

もちろん資格試験に合格すれば履歴書に書けるのでどうしても取りたいと思いましたが、実践で使える生きた英語も身につけたいと思っていたため、英語の勉強の延長線上に英検を受ける事にしました。

今では就職に有利になると言われているTOEICも考えましたが、英検でも2級以上であれば、十分に就職活動で役立ちますので、とりあえず英検にチャレンジすることにしました。

参考:https://www.shikaku-king.com/ranking/syuusyoku-shikakuranking/

まず、英語の脳を作る為に、英会話カフェに通う事に。

仕事帰りに毎日1時間~2時間通っていました。

すると、半年後くらいから変化があり、しゃべれないけど何となく聞き取れる様になり、ますます英語にはまっていきました。

やはり人間楽しいと「もっともっと!」となるので、英会話カフェで英語への苦手意識が無くなり好きになれたのが英語学習に大きな影響を与えたと思います。

家では高校で使っていた参考書を3回やり直し、英会話カフェで習った新しい単語やフレーズを暗記、英語テキスト(最初の頃は英検にこだわらず、手に取りやすいテキストを購入)を1冊最低3回やる!と言う事を徹底的にした結果、英会話カフェに2年半通う頃にはネイティヴの先生と会話ができるまでになり、ほかの生徒さんの話も余裕を持って聞く事が出来るまでに私の英語力が成長していました。

そろそろ本腰入れて英検準1級を目指そうと思い、私は某英語スクールの「日○英語学院」の扉をたたき、資格対策の勉強方法へ切り替え、英検に沿って4技能(話す、書く、聞く、読む)を徹底的にしました。

やはり、資格試験に合格するためには私くらいのレベルだと、それに合わせた勉強が必要だと思います。

もっともっとできる人はそんな必要は無いかもしれませんが。資格試験勉強をするにあたり、一番苦労したのはライティングです。

エッセイの書き方を徹底的に叩き込み、スペルミスが無いように、確実に自信が持てる単語を選んで書く様にしました。

二次試験のスピーキングは思ったより簡単?!で(英会話カフェで意見をまとめて話す事が自然に身についた?!)私はほとんど対策なしで挑みましたが見事合格。

英語学習を初めてから三年後の29歳の時に英検準一級合格までたどりつきました。

勉強は楽しくないと続かなかった私なので、英会話カフェで生の英語に触れてもっともっとしゃべれる様になりたいと純粋に楽しんで勉強できたのが何よりの秘策だったように思います。

これから英語学習プラス資格試験で考えておられる方への少しでもこの記事がお役に立てれば光栄です。